悪性リンパ腫 症状 末期

悪性リンパ腫の原因と症状や治療について詳しく紹介します!

悪性リンパ腫との向き合い方


看護師

悪性リンパ腫とは何か?

名前なら聞いたことのある人もいるかもしれませんが、
実際どういうものなのか?

どのように発見されるケースが多いのかを紹介したいと思います。

血液中に癌が見つかると言っても、想像しにくいと思います。

人間の体には免疫力を守るリンパ系組織があるのですが、
そのリンパ系組織が規律的に動くからこそ自分たちの免疫力を保たれるのですが、
それが無秩序増える疾患が悪性リンパ腫となるのです。

増え続けた結果どうなるか?

37度前後の発熱、倦怠感、貧血、体重の減少……
ここまでだとただ生活しているだけでは、
ちょっと最近体調悪いのかな?ぐらいに思われるかもしれません。

ただ、皮膚にしこりができてきた時の固さによって、
悪性と良性の違いが表れてくるのです。

私も甲状腺に腫瘍ができ手術をしましたが、だんだんほっておくと拡大、
固くなってくると悪性化している場合があるので注意したほうがいいです。

先程の述べた通り、最初の症状でもしかして……?
と思う人が殆どいないのが実情です。

それで会社の健康診断で引っかかってわかったとか、気づけば遅く、
もう末期がんとして余生を過ごすことになった、方々もいました。

意外と70~80代の高齢者から40~50代の働き盛りの方にも多いのです。

末期としては放射線治療や麻薬を使い、痛みを和らげる。

全身にかけて痛みや嘔吐など吐き気が強くなっていきます。

しかし麻薬などを使用する場合、幻覚などが見える場合があるので、
精神的に追い詰められている患者さんも多かったです。

緩和ケアなどを重点に置いている病院では、
緩和ケアの認定看護師が在籍しているので、
病院で末期の治療をしていくのか、
在宅医療に切り替えるのかを相談できるので、
家族と一緒に相談したほうがいいと思います。

おすすめサイト

=2015.1.21= 医療用麻薬への理解